「神割崎」の日の出がそろそろです(10月下旬)

こんにちは、9月ももう終わり、10月に入りますね。

10月になると、「神割崎」(かみわりざき)の日の出を見ることができます。

「神割崎」(かみわりざき)・・・宮城県の南三陸町と石巻市の境に位置する景勝地の名称。神割崎の岩の裂け目は神が割ったものだという伝説が残る。(伝説については下方に記載)

宮城県 地図 神割崎

 

10月下旬頃に、神割崎の岩の裂け目から朝日がのぼります。

神割崎 日の出

 

神割崎からの日の出を見られる時期は、年2回、
例年 2月中旬頃10月下旬頃です。

それぞれ、一週間くらいの期間、岩のあいだからの日の出を拝むことができます。

 

■神割崎の伝説

その昔、戸倉村と十三浜村の村境が明確化されておらず、境をめぐって争いが絶えなかった。ある日、大鯨がこの磯浜に打ち上げられたことでいよいよ互いに所属を主張して譲らず、すると三日目の夜、凄まじい雷鳴とともに落雷があり、巨岩と大鯨は真っ二つに裂けた。これは神のお裁きと受け、長い間の境争いは解決されたという。

(参考:佐々木徳夫・吉岡一男・武田八洲満 著『宮城の伝説』)

戸倉村は現在の南三陸町にあり、十三浜村は現在の石巻市にあります。現在もなお、神割崎は、南三陸町と石巻市の境となっているということです。

こんにちは

宮城県 南三陸町の海産物専門店「南三陸うたつ丸栄水産」の、スタッフ便りのページです。

【三陸産】当店の定番商品

三陸産「汐うに」三陸産「汐うに」
汐うに
販売価格¥1,500から
在庫あり
三陸産 塩蔵わかめ三陸産 塩蔵わかめ
三陸産 塩蔵わかめ
販売価格¥220から
在庫あり
三陸産 塩蔵こんぶ三陸産 塩蔵こんぶ
三陸産 塩蔵こんぶ
販売価格¥350から
在庫あり